カフェオーナーの気楽なモノローグ

このブログでは、趣味や興味のあることを報告する目的と、自分の体を健康の実験台として、今まで行っていた不健康なことを禁止して、実践可能なことを継続して、その結果を報告していきます。

仕事ができそうな人だと、仕事がら思うことについて。

本日は、セルフサービスのカフェで働いている者の目線から、仕事ができそうな人の注文の仕方や行動、仕事ができなさそうな注文の仕方や行動を紹介します。

 

仕事ができそうな人の共通点。

1、丁寧にドアを開閉する。

  職場は、自動ドアと手押しのドアがあります。手押しドアから出入りする人は2タ

  イプいてるのですが、丁寧に開閉を行うタイプと、開けっ放しして、自動でドアが

  閉まるのを確認せずに入店や退店を行うタイプ。仕事も丁寧に行っているのだろう

  と感じることが出来ます。

 

2、毎日のオーダーが決まっている。

  特に朝はコーヒーが多く、ブラックを頼まれるタイプと時間をかけて、じっくり考

  えて、甘いドリンクをオーダーするタイプ。無駄な時間を削除して、効率よく仕事

  をしている印象があるので、オーダーが決まっているタイプの人のほうが、仕事が

  できるように感じます。

 

3、本や新聞を読む。

  本や新聞を読んでいるタイプと、スマホを見ているタイプの方がいます。どちらが

  仕事をできるように見えるかではないのですが、本や新聞に目を通されている方の

  方が、出世しているようにに見えます。

 

4、席を移動しない。

  自分のお気に入りの席が埋まっていた場合、違った席で飲食を行い、お気に入りの

  席が空いたとしても、そのまま席にとどまっているタイプと、移動をするタイプが

  います。これもどちらが仕事ができるように見えるかは、判断しかねますが、席を

  移動しないタイプの人のほうが、出世をしているように感じます。

 

多くのお客様と接していると、それぞれのタイプが見えてきます。初めてお店を利用してくれた方だったとしても、過去にいたお客様のタイプにどこか一致するので、それだけで印象は決まります。偉そうに接してこられたり、こちらの話を聞いていなかったり

電話をしながら注文をしたり、音楽を聴きながら注文をしたり等は論外ですが、それ以外のちょっとした行動の違いが、長年接客業を経験していると見えてきます。

 

相手が仕事ができると感じれば、接客の対応もその方に合わせた対応となるので、どうしても丁寧になります。気持ち良い接客を受けたいと思って来店されるように、気持ち良い接客を行いたいと思ってお客様を待っています。人間なので、対応が変わってしまうことを了承していただけるとすればですが。プロですので、できるだけ平等に接客を行うように心がけてはいてますが。