カフェオーナーの気楽なモノローグ

このブログでは、趣味や興味のあることを報告する目的と、自分の体を健康の実験台として、今まで行っていた不健康なことを禁止して、実践可能なことを継続して、その結果を報告していきます。

禁煙、禁酒、そして飲み物をほぼ水にしてから1か月、思考や身体の変化について。

去年(2017年)の年末に、禁煙を決意。1か月間禁煙することに成功して、健康志向に火が付き、禁酒もついでにしてみようと考えたのが、今年(2018年)の正月。それから2か月経過した3月1日。

 

この不摂生によって、20キロも重くなってしまった体をどうにか昔に戻したいと考えて、色々調べていると、眠気覚ましに飲んでいるブラックコーヒー(エスプレッソ)、休憩中の水分補給や、DVDを鑑賞しているときに飲む、砂糖たっぷりの炭酸ジュース。これを全て水に変えるだけで、若返り、痩せ、脳の働きが良くなり、病気のリスクを下げて、お金が貯まる。

 

という記事を見つけて、早速実行してみました。薄毛予防のために飲んでいる豆乳(1日200ml)と、大好きなブラックコーヒー(2日に1杯)だけは飲んでいますが、それ以外は、お白湯か水を飲んでいます。

 

結果

1、若返る

  顔がみずみずしくなっているのを感じました。体も1か月前に比べて、さらさらしているように感じます。肌荒れもなく、効果を実感できています。

 

2、痩せる

  1か月で、4キロ痩せました。が、飲み物を水に変えたことによって、健康に気をつかうようになり、休日には30,000歩を目標に、平日は10,000歩を目標にウォーキングを行うようになりました。夕食も18時には済ませて、筋トレも30分ほど毎日行っています。なので、水に変えたから痩せたとは言えないですが、意識が健康に向かうので、必然的に痩せるかもしれません。

 

3、脳の働きが良くなる

  実感なし。

 

4、病気のリスクを下げる。

  元々両親から健康な体を頂けたので、こちらも実感がないです。

 

5、お金が貯まる。

  コンビニに行く回数と金額が、煙草をやめる4か月前は、ファミリーマートのTカード会員が必ずゴールド(1か月15,000円以上使用)だったのですが、今では、週1回金曜日に競馬新聞を購入しに行くだけになりました。健康に気を使っているのでコンビニのお弁当やおにぎり等、ジュースやお菓子も購入しないので、財布からお金を使用することが、減りました。が、お金が貯まっていくかは、今後のお楽しみです。

 

それ以外に、コーヒーを飲まなくても目が覚めて仕事ができること、エナジードリンクに頼らなくても、長時間仕事ができることを実感しています。

 

今後も何か変化があれば、追って報告いたします。