カフェオーナーの気楽なモノローグ

このブログでは、趣味や興味のあることを報告する目的と、自分の体を健康の実験台として、今まで行っていた不健康なことを禁止して、実践可能なことを継続して、その結果を報告していきます。

競馬を始めて10年、初めて10万円馬券を的中させることができました。証明書掲載。

 みなさま、こんにちは。

 本日は、競馬を始めて10年が経過して初めて手にした10万円馬券の的中証明書をご紹介したいと思います。

 ご興味のある方は、最後までご一読よろしくお願いいたします。

f:id:vTUNA:20180508220137j:plain

・競馬を始めたきっかけ

 みなさまは、競馬を始めたきっかけは何でしたか?私は同僚にたまたま競馬が好きで、詳しい人がいたので、その影響を受けて、G1だけその人から話を聞いて、購入しました。当時は3連複7頭BOX(3,500円)を購入していました。だいたい人気順に選ぶので、当たってもさほど配当金は多くなく、当たる確率も高いので、大勝せず、大敗せずといった感じでした。

 当時はネットで購入できることも知らなかったので、わざわざ1レースのためにWINSまで足を運び、購入していました。その後好きな競走馬ができました。最初はローズキングダムルーラーシップ、オルフェーブル、ドゥラメンテ・・・強い馬を応援する傾向にあるようです。

 さらに競馬にはまり、馬券でもプラス収支よりかは、的中にこだわるようになりました。配当が安くても当てたい。馬券師としては、あまりよくない傾向だと思います。ですので、100万馬券的中証明書の存在も、10万馬券的中証明書も存在は知っていましたが、自分には関係のない証明書だと思っていました。

 馬券の買い方も色々勉強すると、収支をプラスにするには単複買いが良いと書かれていたので、その買い方をしていた時期もあったのですが、単勝の低い1番人気を購入しがちなので、なかなか私の買い方ではプラスにすることができませんでした。

 試行錯誤の末に現在は、3連複1頭軸紐8頭(2,800円)をグレードレースだけ購入しています。この買い方のメリットは的中しやすいことです(2018年度の成績は的中率44%です)。フルゲート18頭だとしても、半分は選べるので、よほどの大波乱がない限りは、選んだ番号の競走馬が来ます。

 軸馬は必ず3着になると思って選んでいるので、例え紐で選んだ競走馬が1,2,3着になったとしても、あきらめはつきやすいと思います。軸馬が3着以内に入って、紐以外の競走馬が3着以内に来てしまった場合も、半分の競走馬を選択できて、外しているのなら、あきらめが付きます。

 そして何より、1レース2,800円と安く済みます。そのためには、ルールをしっかり守ることが大切になります。一昨年までは、競馬場に足を運び、1レースからほぼ全レース購入していたこともあるのですが、プラスで帰れたことが1度もなかったので、WINSや競馬場に行くことを止めました。

 グレードレースだけを購入している理由は、グレードレースになるとデータが多く発表されているので、絞りやすくなります。現在は、競馬新聞(優馬)、最強の法則、他2冊と、YouTubeを4作品閲覧して選んでいます。レースが少ないとじっくり時間を費やすことができるところも、メリットの1つだと思います。

 

・今年の成績

f:id:vTUNA:20180508220941j:plain

 今年は万馬券を4回的中させることができています。今のところ10万馬券を入れて回収率は155%を記録しています。購入は50レース的中は22レースです。今年は50%を目指したいと思います。

 

・最後に

 3連複でも100万馬券は記録しているのですが、それを目指していると50%の的中率は目指せないので、おそらく10万馬券が自分の限界だと思います。去年3連複10万馬券以上を記録したグレードレースは、「阪急杯」「皐月賞」「ヴィクトリアマイル」「函館記念」「北九州記念」「菊花賞」「武蔵野ステークス」「京阪杯」の8レースだけでした。結構あるんだなと私は思いましたが、みなさまはどうですか?

 

 最後までご一読ありがとうございます。