カフェオーナーの気楽なモノローグ

このブログでは、趣味や興味のあることを報告する目的と、自分の体を健康の実験台として、今まで行っていた不健康なことを禁止して、実践可能なことを継続して、その結果を報告していきます。

ニンテンドークラシックミニファミリーコンピューター 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョンを予約しました。

 みなさま、こんにちは。

 本日はゲーム機「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」についての報告と、私のファミコンに関しての思い出をご紹介したいと思います。

 ご興味がございましたら、最後までご一読よろしくお願いいたします。

 

ニンテンドークラッシクミニ ファミリーコンピューター

  2016年11月10日に発売された、ファミコンのソフトが30本収録されている希望小売価格5,980円(税別)のゲーム機です。私よりも少し上の世代の方々なら、この価格でファミコンを遊べるのなら、迷うことなく購入されると思います。実際店舗からもミニファミコンは無くなり、現在でも即日販売できる店舗では、12,000円~15,000円ほどで販売されています。

 私の家は、ファミコンを購入してもらえなかったので、友達の家に上がり込んで遊ばせてもらっている程度の思い出です。。ですので、そこまでの懐かしさや思い出はなく、購入は考えなかったです。

 

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン

 しかし、翌年の2017年10月5日に希望小売価格7,980円(税別)で発売された、ミニスーパーファミコンは、すぐに購入しました。

 スーパーファミコンが発売された1990年11月21日は購入できなかったですが、中学生になって、お年玉で購入しました。当時はバブル全盛期で、お年玉は安くても一人5,000円は入れてくれていました。ですので、10万円を超えるお年玉を毎年、中学生が頂いているというバブルの恩恵を受けていました。

 

 現在、家にゲーム機は、「ミニスーパーファミコン」「Wii U」「プレステone」「任天堂3DS」の4種類あります。現在どのゲーム機でも遊べていないのですが、小学生の時にゲーム機が家にないことが、少しコンプレックスだったこともあり、所有しているだけで、何か満たさせているので、悪くないかと感じています。

 

週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン

f:id:vTUNA:20180514170041j:plain

 2018年7月7日に発売が予定されているこちらのミニファミコン。ご存知でしたか?私はたった今知り、すぐに予約をしました。ソフトは、週刊少年ジャンプに関わるタイトルが20種類入っています。価格は7,980円(税別)と少し何かを我慢すれば購入できる金額。任天堂の発売の仕方は経営をする上で、かなり勉強になります。株価も2017年の2月からきれいな右肩上がりで、倍増しています。

 

・まとめ 

  週刊少年ジャンプの思い出とファミコンの思い出が小中学校の思い出のほとんどを占めていました。「スラムダンク」や「ドラゴンボール」の話で盛り上がれる世代の私は、この2つのコラボというだけで、購入を即決してしまいました。皆様は冷静に考えて下さい。どうせすぐに遊ばなくなってしまうものに7,980円(税込)を払えるかどうかを。

 

 最後までご一読ありがとうございました。