カフェオーナーの気楽なモノローグ

このブログでは、趣味や興味のあることを報告する目的と、自分の体を健康の実験台として、今まで行っていた不健康なことを禁止して、実践可能なことを継続して、その結果を報告していきます。

「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる 読書感想

 みなさま、こんにちは。

 本日は、プロフェッショナルブロガーの立花 岳志さんの著書『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』を読み終えましたので、読書感想致します。ご興味がございましたら、最後までご一読よろしくお願いいたします。

 

・作者紹介

 立花 岳志(たちばな たけし)プロフェッショナルブロガー、作家。1969年生まれ。年間1000万PVを誇るブログ「No Second Life」主催。

 会社員の傍ら始めたブログが人気を博し、41歳で「ブロガー」として独立。ブログを中核にした個人の情報発信で、出版、広告、セミナー運営、企業研修、コンサルタントなど、幅広い分野で活躍中。

 

・第一章 「好き」と「お金」を繋げるキーワードは「情報発信」だ!

 「好き」や「得意」や「強み」をブログに載せて情報発信をすることで、自分自身を「パーソナルブランディング」して、お金を生んだ方々の成功例が掲載されています。私は、成功者はたまたまうまくいったと思ってしまう時期も長くありましたが、今では、成功者も最初はチャレンジャーで、自分と気持ち以外は何も変わらないんじゃないかと思えます。

 ですので、すごく勉強になりました。ブログを書いてお金を稼ぐ関係性が、アフェリエイト以外に想像できていなかったので、情報発信の効力を教えていただけました。

 

・第二章 「情報発信」をコツコツ続けるための何より大事な鉄則

 「強み」を「損得勘定」で行わないこと、「好き」をみつけて情報発信を続けると、爆発的な力を起こす。

 情報発信は「質より量より更新頻度!筋トレと同じである。

 習慣を続けるための6つの鉄則とは?

 ・絶対できるレベルまでハードルを下げる

 ・何が何でも毎日必ず続ける

 ・楽勝なレベルを維持する

 ・習慣化しやすい環境を用意する

 ・意志の力に頼らず「仕組み化」する

 ・うっかり忘れないように対策する

 ブログを更新すること以外でも、習慣化させるために必要で重要なことですね。すごい人とは、すごいことができる人ではなく、あたりまえのことをあたりまえに行える人だと感じています。継続の難しさを克服させる6つの習慣。是非皆様もお試し下さい。

 

・第三章 「自分ブランド」確立するためのブログとSNSの使いこなし方

 ブランド人になるためのたった2つのステップ

 ・まずは日記でいいからブログを書きつづけなさい

 ・書きつづけながら「なりたい自分になるチャレンジ」を記事にしはじめよう

 この章では、プロフィールの書き方を紹介しています。私は自己紹介が苦手なのですが、この章を読み終えた後すぐにプロフィールを書きました。

 「待ち」のメディア「ブログ」はSNSと連動させて攻めのツールに変える

 FacebookFacebookページ、TwitterInstagramとの連動のさせ方を紹介しています。

 

・第四章 リアルでも「特別な人」になるための「パーソナルブランディング

 この章ではセミナーの開催の仕方や、出版、マスメディアへの露出等の必要事項が掲載されています。私にとっては、まだまだ先の話だと思い、流し読みしています。ご興味のある方や、このレベルに到達している方にはお勧めしますので、是非ご一読下さい。

 

・第五章 好きなことを発信しつづけるとお金の価値観と人生が劇的に変わる

 この章では、主にお金の価値に関して教えてくれています。高収入になりたければ、高収入者から学ぶべき。高収入の方々は、必ずこのことを教えてくれます。けれど自分で自ら作ってしまった枠組みを外すことは、容易なことではなく、高収入でないものにとってこのやり方は、賭けに感じてしまいます。

 やるかやらないかで人生が変わるとするなら、みなさまはどちらを選ぶか?「変わる勇気」と「変えない勇気」は表裏一体だと思います。みんながみんな高収入を目指しているわけではなく、安定を望むことの素晴らしさも私は知っています。

 お金は際限があり、自分が貰える金額が増えるということは、誰かが減っているということです。個人規模だけではなく、国の規模でも起こっています。

 自分は高収入を得て、それを役立つものに使用することができるのか?私欲のために使用するだけで終わらすことなく、有効に活用できるのか?自問自答を常に行っています。

 大金の使い方が分からない者に、大金が入った時の結果は、宝くじの高額当選者の末路を知って、恐ろしくさえ感じています。

 

・まとめ

 ブログの初心者だけではなく、ブログで経営を考えている方にもお勧めできる本だと思います。いくら好きだからといっても、しんどくなる時は必ずある。そんな時にこの本を読み返して「ブログを書くこと」が好きなことを再確認したいと思います。

 

 最後までご一読ありがとうございます。

<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=vtuna06-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=4763136836&linkId=8c83e050b046fe633efd64a483a377c0&bc1=ffffff<1=_blank&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">
</iframe>