カフェオーナーの気楽なモノローグ

このブログでは、趣味や興味のあることを報告する目的と、自分の体を健康の実験台として、今まで行っていた不健康なことを禁止して、実践可能なことを継続して、その結果を報告していきます。

競馬 「第79回オークス(G1)」 レース回顧

 みなさま、こんにちは。

 本日東京競馬場で行われた「第79回オークス(G1)」のレース回顧と反省を行いたいと思います。ご興味がございましたら、最後までご一読よろしくお願いします。

 

・私自身の競馬のルール

 まず最初に、競馬をギャンブルではなく、投資として行うために自分自身で戒めているルールをご説明いたします。

 ①中央のグレードレースしか購入しない

 ②1レース3連複1頭軸紐8頭2,800円の馬券を購入

 ③配当金は1年間使用せずに貯めておく

 ④10頭以下のレースは、馬券を購入せずに2,800円をそのまま貯める

 ⑤10レース連続で外したら、競馬を止める

 以上5つのルールの下で、競馬を行っています。つまり年間141レース(海外レースは購入しません)398,400円を投資して、それ以上の回収を目指します。基本10レース連続で外すことを避けたいので、カタイ予想になってしまいます。

 

オークス レース回顧

 みなさまは、アーモンドアイの位置取りをどう思いましたか?私は、サヤカチャンが大きく逃げていたので、その位置でも良いのかな?と思っていました。すぐ内にラッキーライラックがいたので、これでアーモンドアイが勝利してしまうと、秋華賞は1着確定やな。と考えていました。

 アーモンドアイは競争前、少しいれこんでいる風に見えたのと、発汗が多いのではないかと感じました。この状況もふまえて、私はラッキーライラックを軸に馬券を購入しました。

 最後の直線、ラッキーライラックは進路を決めるのに少しもたついてしまったと思います。リリーノーブルは終始上手いレースをしていたと思います。が、アーモンドアイが突き抜けてしまったときは、三冠牝馬誕生したな、と思いました。

 これは、おまけですが、4着にレッドサクヤを持ってくる福永騎手の牝馬の扱いの上手さってさすがやなと思いました。

 

・反省

 当然「トリガミ(回収金額が支払額よりも低い状態)」の結果になりましたが、NHKマイルカップから的中できずに4連敗をしていたので、今回の的中で、少し安心できました。買い方を決めているので、トリガミのレースがあれば、10万円馬券的中のレースもあるので、これで良しと思います。

 桜花賞の3強が3強らしいレースを行い、アーモンドアイの絶対的な強さが確信になった今回の「オークス」だったと思います。

 

 最後までご一読ありがとうございます。