カフェオーナーの気楽なモノローグ

このブログでは、趣味や興味のあることを報告する目的と、自分の体を健康の実験台として、今まで行っていた不健康なことを禁止して、実践可能なことを継続して、その結果を報告していきます。

【第71回鳴尾記念(GⅢ)】『レース回顧』~2018年6月2日阪神11R~

 みなさま、こんにちは。

 本日は阪神競馬場で開催された第71回鳴尾記念(GⅢ)のレース回顧を残したいと思います。ご興味がございましたら、最後までご一読よろしくお願いします。

 

・レース前の状況

 1番人気の2番トリオンフは、パドックから終始落ち着いていたように思います。馬体重530kgには見えないくらいシャープでかっこよい馬体をしていました。2番人気の5番

トリコロールブルーは、発汗がすごい多く、大丈夫なのか?と思いましたが、この馬は常にこういう感じらしいので、問題ないのだと思います。

 

・レース回顧

 ハイペースな割には前にいた馬が残る結果になりました。レコードタイムを更新するくらいのレース結果なら、後ろから追い込んでくる馬には、出番なしでした。阪神開催1日目だということを考慮すると、今後もこのレースは、追い込み馬はどんなに人気になったとしても購入しにくい結果になりました。

 逃げ馬らしくマルターズアポジーが先頭に立ちました。阪神で武騎手で逃げ馬なら、どんなに人気がなかったとしても警戒は必要です。11番のサトノノブレスはいいポジションで競馬をしていたので、これで3着までに入れないのなら、8歳という年齢が今後も苦戦の傾向になりそうです。

 馬の実力は1着の8番ストロングタイタンと2着の2番トリオンフの2頭のが抜けている結果になりました。終始内を回って省エネに徹した1着の馬と、実力が十分に出せるように外を回った2着馬、本日この2頭の勝敗を分けたのは、ストロングタイタンに騎乗のM.デムーロの思い切った作戦勝ちだと思います。

 

・感想と結果

 G1宝塚記念の前哨戦に位置づけされているレースですが、頭数が少ないことと、実力が拮抗していると思っていたので、もし今年の鳴尾記念を走った馬で宝塚記念に出走してくるのなら、おそらくM.デムーロルメールも騎乗する馬が違うと思うので。バッサリいきたいと思える結果でした。

 トリガミ上等で馬券を購入するので、鳴尾記念は、トリオンフを軸に的中させることが出来ました。消去法で3着までに確実に来ない馬は、4番のテイエムイナズマだけだったので、4桁は期待したのですが、3連複1番人気890円の払戻金を獲得できました。

f:id:vTUNA:20180602194853j:plain
 6月の成績

的中率:1/1(100%)

回収率:890/2800(31%)

 

 明日開催のG1安田記念も的中を目指して熟考します。

 最後までご一読ありがとうございました。