カフェオーナーの気楽なモノローグ

このブログでは、趣味や興味のあることを報告する目的と、自分の体を健康の実験台として、今まで行っていた不健康なことを禁止して、実践可能なことを継続して、その結果を報告していきます。

【松尾大社参拝2018】『あじさい苑は封鎖』~近くの梅宮大社の庭園にあじさいが咲いていました~

 みなさま、こんにちは。

 本日は、京都府西京区にございます【松尾大社】と、右京区にございます【梅宮大社】に参拝してまいりましたので、ご報告いたします。ご興味がございましたら、最後までご一読よろしくお願いします。

f:id:vTUNA:20180609211126j:plain

 

・松尾大社

 梅田駅から近鉄線で約1時間ほどで到着します。最寄り駅の『松尾大社』駅からは徒歩2分程のところにあります。松尾大社駅の次の駅は、嵐山駅です。

f:id:vTUNA:20180609211848j:plain

 白い壁など、京都最古の神社なのですが、かなりきれいです。背景にそびえたつ山は、神山の松尾山です。この神山は大神神社や日吉大社のように登ることができます。ご興味のある方は、ぜひ登拝(登山とは言わないそうです)してみてもご利益があるかもしれません。

 私は、大神神社の神山を今年の2月に初めて登拝して、人生観が変わり、健康に気を付ける習慣に変わりました。

 

 松尾大社には庭園があり、500円を納めれば拝見できます。重要文化財が展示されている資料館があったり、時期によっては、あじさい苑というあじさいが咲き乱れている庭を鑑賞できたりするのですが、今年は、

 

f:id:vTUNA:20180609220005j:plain

 松尾大社のホームページにこのようなお知らせがあり、本当に全く拝見することが出来ないのかを確かめるためにも、本日参りました。結果は、停止されていました。残念。本来であれば、このような景色が広がっています。

f:id:vTUNA:20180609220018j:plain

 拝観料にさらに500円を納めると、茶室でお抹茶と和菓子を頂くことが出来ます。

f:id:vTUNA:20180609211521j:plain

 本日のお茶菓子は、あじさいをイメージしたものをご用意して頂けました。丸い窓から見える景色はとても雄大で、時間の経過が普段以上にゆっくり感じることが出来ます。お抹茶を立てて頂いた先生とお話もできて、すごく有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 先生は、来年80歳になる女性の方で、松尾大社で37年お茶をたてているそうです。現在は、土・日・祝にいらっしゃいます。10時からの勤務になりますので、お抹茶を頂く方は、10時以降に松尾大社を訪れることをお勧めします。

 お抹茶を頂きながら、人生の先輩のありがたいお言葉を頂いていました。一番面白いと思った言葉は『ひつじ年の人は、貯金ができない。ひつじは紙を食べるから』だそうです。1時間程、他にもお抹茶を頂きに来た方々とも、会話を交えながら時間を過ごしました。

 

・梅宮大社

 松尾大社から徒歩10分程のところに【梅宮大社】があります。松尾大社参拝時には是非こちらの神社もお参り下さい。

f:id:vTUNA:20180609211859j:plain

  この神社を参拝して一番印象に残ったのは、猫があちこちで昼寝をしていたことです。宮司の方が猫好きで、15匹ほど飼っているそうです。本日私が確認できたのは5匹ほどですが、人にも慣れている様子で、無防備な恰好で爆睡していました。

 梅宮大社にも庭園があり、一人550円で拝見できます。

f:id:vTUNA:20180609211630j:plain

 4年前に参拝に訪れた際は、庭園の存在に気づかずに帰ってしまったのですが、今回入園してみて、色々な種類のあじさいが満開なのをみて、松尾大社であじさいを見れなくても、梅宮大社で十分堪能できたので、良かった。と思いました。

 花のかわいらしさや、キレイさを認識するには、年齢も経験も私は、まだまだ足りていないので、10分程でお腹いっぱいになってしまいましたが、本当に満開でした。紅葉や梅もあるので、春夏秋冬景色を楽しめる庭だと思います。

 

・まとめ

 4年ぶりの松尾大社、梅宮大社参拝でした。京都の神社は、海外からの観光客でごった返しているのですが、この2社は海外から来られてる方は一人もいなかったです。京都の神社でこのように落ち着いて参拝できるところは、あとは山奥くらいなので、今となっては貴重な神社だと思います。

 是非、1度参拝してみて下さい。

 

 最後までご一読ありがとうございます。