カフェオーナーの気楽なモノローグ

このブログでは、趣味や興味のあることを報告する目的と、自分の体を健康の実験台として、今まで行っていた不健康なことを禁止して、実践可能なことを継続して、その結果を報告していきます。

【2018年第23回マーメイドステークス(GⅢ)回顧】『阪神11R(牝)』~難解度NO.1の重賞レース~

 みなさま、こんにちは。

 本日は阪神競馬場で【マーメイドステークス(GⅢ)】が開催されました。難解な牝馬限定戦に加えて、ハンデ戦。騎手の方も東京で行われている【エプソムカップ(GⅢ)】に有力どころが参戦しているので、どの馬が来てもおかしくない展開。

 それを物語っているのが、『アレる重賞』と言われている過去の結果。3連単で10万円馬券は当然。100万円馬券も飛び出しているレースです。今年は1番人気の単勝が6.0倍という高い配当で、馬券を購入する者たちの苦悩が分かる倍率になっています。

 

・レース回顧

 スタートは、全馬出揃いました。14番トーセンビクトリーがハナに立ってレースを組み立てていました。残り1,000mくらいから、全馬団子状態になってもう、何が来てもおかしくなく、後は、自分が購入した馬が来ることを祈ることしかできないです。

 雨の影響がそれほどでもなく、芝は良で行われていました。後ろの馬は追い込めるスペースがなく、阪神の内回りということもあり、かなり苦戦を強いられたと思います。

 そんな中、内の方で力を貯めていた、3番「アンドリエッテ」と1番「ワンプレスウェイ」が最後一騎打ちを展開していました。1番から流した3連複の馬券を購入していた私は、3番を持っていることを確認して、3着争いに集中していました。

 12番「ミエノサクシード」が1馬身リードしていたのですが、すぐ後ろから10番「ヴァフラーム」が交わす勢いで接近してきていました。12番の馬券は持っていたのですが、10番は持っていなかったので、この2秒間は、息を飲んで3着の結果を直視していました。

 

・レース結果

    f:id:vTUNA:20180610160043j:plain

 アレる重賞にふさわしく、1着10番人気、2着9番人気、3着4番人気と小難しい結果になりました。アンドリエッテ騎乗の国分恭介騎手は重賞を勝利したのは、8年ぶりと、うれしい勝利になりました。

 単勝  ③          1,710円   10番人気

 複勝  ③         510円       10番人気

     ①      400円         8番人気

     ⑫      290円      4番人気

 枠連 1-2   5,000円    21番人気

 馬連 1-3    10,840円    53番人気

ワイド 1-3      3,150円    50番人気

    3-12      2,410円    35番人気

    1-12      2,190円    31番人気

 馬単 3-1    22,350円    108番人気

3連複 1‐3‐12   35,680円    158番人気

3連単 3‐1‐12    263,970円  1,102番人気 

 

・6月の成績

 的中率:3/3(100%)

 回収率:43130/8400(513%) 

 

 最後までご一読ありがとうございました。