カフェオーナーの気楽なモノローグ

このブログでは、趣味や興味のあることを報告する目的と、自分の体を健康の実験台として、今まで行っていた不健康なことを禁止して、実践可能なことを継続して、その結果を報告していきます。

【マロニエ王国の七人の騎士紹介】『漫画紹介』~「金の国 水の国」を読んで~

 みなさま、こんにちは。

 本日は『岩本 ナオ』さん著の漫画【マロニエ王国の七人の騎士】をご紹介したいと思います。このマンガをご紹介する前に同じ作家の漫画【金の国 水の国】を最初にご紹介したいと思います。ご興味がございましたら最後までご一読お願いします。

 

・金の国 水の国

金の国 水の国 (フラワーコミックススペシャル)

金の国 水の国 (フラワーコミックススペシャル)

 

内容紹介〉 

 昔々、隣り合う仲の悪い国がありました。

 毎日毎日、つまらないことでいがみ合い、

 とうとう

 犬のうんこの片付けの件で

 戦争になっていしまい

 慌てて仲裁に入った神様は言いました。

 A国は国で一番美しい娘をB国にやり

 B国は国で一番賢い若者をA国にやりなさい

 

 敵対するA国とB国が、

 友好のために

 国で一番美しい娘と

 一番賢い若者を送りあって

 縁組をすることになりました。

 

 そんな中、 

 A国の姫・サーラはB国の青年と偶然出会い・・・!?

 

〈マンガ大賞2017年 第2位〉(1位は「響」)

 絵のタッチと時代背景がマッチしています。この作者でしか描けない個性的な人物がや、時折出てくる名言。ほのぼのさせてくれる展開は女性作家ならではだと思います。

 この作品以前の漫画は見たことがないのですが、【金の国 水の国】を読んで、すぐに【マロニエ王国の七人の騎士①】を購入しました。

 

・マロニエ王国の七人の騎士

マロニエ王国の七人の騎士(1) (フラワーコミックスα)

マロニエ王国の七人の騎士(1) (フラワーコミックスα)

 

〈内容紹介〉

 八つの国からなる大陸の中で

 マロニア王国は真ん中にあり

 そこには四季があり

 季節ごとに咲く花があり 

 渡ってくる鳥がいる

 マロニエ王国の女将軍バリバラには

 七人の息子がいる

 

 彼らの大義は、

 いつかかっこよく我が国のお姫様を助けること!! 

 

〈このマンガがすごい!2018年オンナ編1位〉(オトコ編1位は「約束のネバーランド」)

 登場人物の名前が「眠くない」「寒がり」「暑がりや」など独特な名前をしています。この七人の騎士がそれぞれ七つの国に、外交をしに行く物語です。【金の国 水の国】と同じくらいの時代背景ではないかと思います。

 登場人物の背景が推測できて、前作以上に面白い展開になると思います。まだ2巻までしか出版されていないので、今後どのように展開していくか?面白いまま最終巻を迎えることが出来るのか?は現段階では何とも言えないですが・・・。

 まるで小説を読むように、丁寧に読み進めることをお勧めします。流し読みをしてしまうと、キャラの濃い多くの登場人物のせいで、状況が分からなくなる恐れがあります。

 

・まとめ

 私は現在マンガの購入を控えています。実家に住んでいた時、部屋がマンガだらけになって、少し困った経験があったからです。現在はできるだけ購入は避けて、ネットカフェに行って多くのマンガを読んでいます。

 そんな私が、久しぶりにジャケット買いしてしまった【金の国 水の国】でした。面白い作品を購入できたことへの喜びと、気に入った作者の作品を、買い続けてしまう後悔が葛藤しました。

 ご興味がございましたら、是非1度目を御通し下さい。

 

 最後までご一読ありがとうございます。