カフェオーナーの気楽なモノローグ

このブログでは、趣味や興味のあることを報告する目的と、休日の過ごし方を充実させようという企画を行っています。

【春日大社参拝】『ウォーキングで鹿と遭遇』~休日の過ごし方11~

 みなさま、こんにちは。

 本日は、昨日の奈良県の『変なホテル』宿泊から引き続き、休日を満喫してきたので、ご報告します。

 最後までご一読よろしくお願いします。

早朝散歩

f:id:vTUNA:20201126221648j:plain

奈良公園の裏手

 ホテルのチェックアウトが11時だったので、大きな荷物は置いたまま、財布とスマホと御朱印帳を持って散歩をしました。ホテルが近鉄奈良駅付近にあるので、歩いてすぐに第一鹿に遭遇しました。折りたたまれた足がかわいいです。天気も気候も良かったので、日向ぼっこの最中でした。

春日神社一の鳥居

f:id:vTUNA:20201126221732j:plain

重要文化財『一の鳥居』

 春日大社の一の鳥居は、参拝された方には伝わると思うのですが、駅から真っすぐ歩いて、東大寺との間にある入口にある鳥居ではなく、マイナーな道の方にあったのですね。今日初めて気づきました。

f:id:vTUNA:20201126221751j:plain

境内の風景

 境内は緑豊かな風景です。いたるところで鹿が出迎えてくれます。この画像にいる鹿はわざわざここから降りてきて、おやつを貰おうと思ったのですが、生憎おやつがなかったので、置き去りにしてしまいました。

春日大社 社号標

f:id:vTUNA:20201126221821j:plain

特徴的な社号標

 春日大社に参拝に来るたびに、かっこよい社号標だなと思います。特徴的なものは社号標だけではなく、

f:id:vTUNA:20201126221839j:plain

春日大社 手水舎

 手水舎も他の神社ではあまり見ることのない造りをしています。『鬼滅の刃』が流行っているので、どうしても鹿が咥えているものが、禰豆子の竹に見えてしまいます。

f:id:vTUNA:20201126221914j:plain

春日大社 南門

 春日大社は毎年必ず参拝に訪れていて、たまたま今年持ち歩いている御朱印帳は春日大社の物でした。奈良県には多くの有名な神社がありますが、外すことはできない神社の1つです。早朝だったからかコロナの影響か、参拝者は少なく、しっかりとパワーを頂くことが出来ました。

春日大社の御朱印とお守り

f:id:vTUNA:20201126222127j:plain

春日大社 御朱印

 春日大社の御朱印は無事に御朱印帳に押していただくことができました。最近では御朱印帳に記帳して頂けない神社も多くあるので、押して頂けると分かった時は、うれしいです。今まで当たり前だったことがコロナの影響で・・・とはよく聞くのですが、私が1番そのことを感じるのは、御朱印を押して頂けない時です。

休憩所

f:id:vTUNA:20201126221947j:plain

奥村記念館

 奈良駅から春日大社や東大寺に行くまでに、『奥村記念館』というものがあるのはご存知でしょうか?今までは私もスルーしていたのですが、本日はホテルに戻るまでに時間が少しあったので、お邪魔してみました。

f:id:vTUNA:20201126221936j:plain

通天閣

 中は奥村組の歴史や耐震強度の設計など、なかなか楽しめる場所になっています。『通天閣』の受注工事をしていたのが奥村組だったんですね。大阪に住んでいて、気にもしたことがなかったです。

甘党まえだ

f:id:vTUNA:20201126222117j:plain

甘党まえだ なんばウォーク店

 大阪に戻って、ランチを済ませた後に、前々から気になっていた『甘党まえだ』でおやつを食べてみました。和菓子と洋菓子なら圧倒的に洋菓子が好きなのですが、神社を参拝した後は、和菓子が食べたくなるのは私だけでしょうか?

f:id:vTUNA:20201126222050j:plain

みたらし団子とあんころ餅

 本日は、みたらし団子とあんころ餅のセットを540円(税込)で頂きました。あんころ餅って、日本昔話などで聞いたころはよくあるのですが、実物を目にしたことがなかったので、今回注文してみました。神社参拝後の和菓子は最高でした。

最後に

  最後は、東野圭吾著/福山雅治主演『容疑者Xの献身』が見たくなってレンタルしました。ストーリーは面白いのですが、見る度に容疑者の気持ちの変化や、細かい構成などに気づき、さらに面白く観ることが出来る作品です。見ていない方も、1度見た方も是非ご覧ください。

 最後までご一読ありがとうございました。